40歳で未経験からWebマーケターに転職!転職エージェントを3社活用しました!!

40歳で未経験からWebマーケターに転職!転職エージェントを複数活用 Work

 

こんにちは、藤本(@fujipan8960)です。40歳で未経験からWebマーケターに転職しました。

この記事では どうやって40歳で未経験からWebマーケターに転職したのか” について私の体験談をお伝えします。

 

結論から言うと “複数の転職エージェントを利用したこと” が良かったと考えています。

 

理由は次の通り。

40歳が未経験からWebマーケターに転職は可能
    ↓
そのためには、求人への応募数が一定数必要
    ↓
応募数を増やすには1応募あたりの時間を短くすべき
    ↓
1応募の時間を短くするには転職エージェントが便利
    ↓
転職エージェントは会社によって求人が異なる
    ↓
複数の転職エージェントを利用すべき

 

40歳と書きましたが、20代や30代の方にも参考になると思います。

未経験からWebマーケターへの挑戦を目指したい方の参考になれば幸いです。

 

\あなたの市場価値はいくら?無料で確認!/

1. 40歳が未経験からWebマーケターに転職:書類選考の通過率はゼロではない

40代の未経験からWebマーケターに転職

 

40歳で未経験からWebマーケターに転職する場合、書類選考の通過率は5%ほど

 

転職エージェントとの面談でエージェントに言われたのがこの言葉です。

 

そして私の転職活動の結果がこちら↓

転職活動の期間:2019/3/14〜5/15

利用したサイト応募数書類通過数内定数
リクルートエージェント16540
doda11732
ワークポート5491
リクナビNEXT400
Green500
Wantedly2543
合計370206

 

書類選考の通過率は5.4%エージェントの予想とほぼ一致しました。

 

そして「5%」よりも大事なのが可能性がゼロではないということ。応募数を増やせば、書類通過する数も増える可能性は大です。

 

40代の未経験からWebマーケターに転職する場合のポイント①

  • 書類選考の通過率はゼロではない
  • 応募数を増やせば、書類選考を通過する数は増える可能性大

2. 転職エージェントを使えば、求人への応募数を圧倒的に増やせます

転職エージェントをおすすめする理由

 

未経験からWebマーケターに転職するには、求人への応募数が必要とお伝えしました。

 

そこで活用できるのが転職エージェント。エージェントが推薦状を作成して応募してくれるので、短時間で多くの求人に応募できます。

 

一般的な転職サイトと比較すると次の通りです。

 転職サイト転職エージェント
求人自分で検索エージェントから提案
応募志望動機を自分で記入エージェントが推薦状を作成
日程調整自分で行うエージェントが行う

 

 

志望動機をしっかり書いて応募することも大事だと思いまが、40歳が未経験からWebマーケターに転職するには効率悪いです。

 

まずは、求人への応募数の数を増やして、少しでも書類選考の通過を目指しましょう。

 

40代の未経験からWebマーケターに転職する場合のポイント②

  • 転職エージェントを活用して短時間で多くの求人に応募すべき
  • まずは応募数を増やすべき

3. 転職エージェントは複数利用した方が求人の幅が広がります

転職エージェントを複数利用することをおすすめする理由

今回の転職活動では次の3社の転職エージェントを利用しました。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • ワークポート

 

3社を利用して良かったと思ったのは、転職エージェントはそれぞれで「得意分野」や「求人数」が異なったからです。

 

転職エージェントの”大手”と”Web/IT分野に特化”を組み合わせるなど、2〜3社ほど活用するのがおすすめです。

 

参考までに、私が紹介してもらった求人内容をお伝えします。

私の経歴・希望

  • 職歴:事業企画、ディレクション、マネジメント
  • 希望:Webマーケター、Webディレクター(※1)

  ※1:Webマーケターに転職するにはWebディレクターから経験を積んだ方がよいという話を聞いたため

 

各社が紹介してくれた求人内容

  • リクルートエージェント:ITコンサルタント、マネジメント職 (いずれも大手企業中心)
  • doda:Webマーケター、Webディレクター (いずれも大手企業中心)
  • ワークポート:Webマーケター、Webディレクター (中小企業やベンチャー企業中心)

 

40代の未経験からWebマーケターに転職する場合のポイント③

  • 転職エージェントは会社によって求人内容が異なる
  • 転職エージェントの”大手”と”Web/IT特化”の併用がおすすめ

4. 転職エージェントはどこがいいの?リクルートエージェント、doda、ワークポートを比較

転職エージェントはどこがいいの?リクルートエージェント、doda、ワークポートを比較

ここでは実際に私が利用した3社について、感想をお伝えします。

 

各社とも利用までの流れは次の通りです。

  1. Webサイトからエントリー
  2. 面談の日程調整
  3. 面談(対面 or Web)
  4. 求人案内スタート

リクルートエージェント

リクルートエージェント

さすが大手という印象。転職活動に関する様々なサポート体制が整っていました。

良かった点

  • 面接対策や職務経歴書の書き方セミナーなど、サポートが充実
  • 求人は1企業・1職種の紹介で、多くの企業の求人を見ることができる

doda

doda

dodaも有名ですよね。私は担当者と相性が良く、転職活動の進め方について多く相談の乗ってもらえました。

良かった点

  • 1企業・複数職種を紹介してもらえるので、幅広い職種の求人を見ることができる
  • 面接の日程調整などの連絡がスムーズにできる

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、Web系・IT系に特化した転職エージェントです。大手以外の求人が多くおすすめです。

良かった点

  • 担当者とのやり取りはチャットでできるので連絡がスムーズ
  • 大手では紹介のない中小企業やベンチャー企業の求人を紹介してもらえる

5. 転職エージェントを活用して未経験からWebマーケターへ

 

この記事では”どうやって40歳で未経験からWebマーケターに転職したのか”についてお伝えしました。

 

改めて内容を整理すると次の通りです。

40歳が未経験からWebマーケターに転職は可能
    ↓
そのためには、求人への応募数が一定数必要
    ↓
応募数を増やすには1応募あたりの時間を短くすべき
    ↓
1応募の時間を短くするには転職エージェントが便利
    ↓
転職エージェントは会社によって求人が異なる
    ↓
複数の転職エージェントを利用すべき

 

私は次の3社の転職エージェントを利用しましたが、「大手」と「Web/IT特化」のエージェントを組み合わせて活用するのがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • ワークポート

 

40歳から未経験でWebマーケターへの転職は厳しいですが、挑戦したいという方はぜひこの記事を参考にしてください。

 

この記事が少しでもあなたの挑戦のお役立てれば幸いです。

 

– Webマーケターの転職に使えるサイト –

≫ リクルートエージェント *求人数No.1でサポートが充実
≫ doda *多くの職種を紹介
≫ ワークポート  *Web系/IT系に特化